MENU

 大学を卒業してからは、俺にとっては地獄の毎日のスタートだったって感じです。
何だかんだ言っても、学生時代と言うのは、とても華やかだったなと今になって感じているのです。
遊ぶ時間はたっぷりあるし、周囲には女の子たちがいっぱいいるし、男女関係なく一緒に遊びに出かけたりすることも多くありました。
コンパやカラオケ、どこかに皆んなで遊びに行ったり、馬鹿ばらしをしたりなど、いかにも青春を謳歌していたなぁって感じがしているんです。
基本的に俺そんないい男じゃないから、モテることは少なかったんですけどね。
それでも周囲に女の子たちがいたから、それなりにお付き合いをすることもできていたんです。
彼女がいないときなんか、コンパでちょっと酔っぱらった状態でハメハメ楽しむこともできてたし、天国のような時間だったなって思っています。
これが社会人になった途端、状況が完璧に変わってしまったって思いますよ。
まさに180度方向が変わってしまって、出会い系物が完璧になくなってしまいました。
もちろん同じ会社のやつで彼女作っている奴とかいますけどね、どうやって相手探してるんだ?って感じです。
俺にはそのチャンスが全く回ってこない、だから性処理はオナニーのみでした。
出会いが欲しい、一番の今の悩みはこれって感じ。
彼女も欲しいしセックスもしたい、とくに性的不満の高まっている状態では、オマンコだけでも何とか見つけたいなという気持ちは強くなっていました。
恋人同士にならなくてもいいから、挿入だけさせてくれないものか?街中の女の子にこんな声をかけたくなってしまうぐらいです。
それほどまでに出会いを見つけられなくて、女の体が恋しい状態が延々と続いてしまっているという感じなんです。